いつも眠そうな目の印象を治したい

こんにちは 院長の五来です。

”写真を撮ると、いつも眠そうな目に写ってしまう。もう少しぱっちりした目にしたいです。”

というのが、当院を訪ねて下さった理由でした。

過去に他院で埋没法による重瞼術を受けたことがあり、その後二重の幅の左右差を認めるようになったとのことです(写真上段:術前)。

特に右のまぶたが下がっており、二重の幅も広く、”眠そうな目”の原因になっているように思います。左は埋没法で固定した後に、加齢とともに皮膚が徐々にたるみ、ちょっと厚ぼったい印象を与える原因になっています。

ご本人の症状として、目を開けるのが疲れるといった眼瞼下垂症状もありました。

切開重瞼法で余った皮膚を少し切除するのに加え、瞼裂(開瞼時の上まぶたと下まぶたの距離)を少し広くすることで、ぱっちりとした印象となります。

切開重瞼+挙筋前転術を行いました。写真下段が術後3ヶ月です。

ぱっちりとした、そしてすっきりとした左右対称の二重になりました。

眠そうな印象は改善した様に思います。(^ ^)

 

  1. 2022.08.01

    コロナ禍じゃない世界

  2. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.22

  3. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.21

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031