フォトセラピーに反応しないシミ治療

こんにちは 院長の五来です。

シミ治療には診断とプランが大切だと思います。

シミは成り立ちやメラニンの存在部位、生活習慣など、様々な要因から発生しているので、

個別に治療計画を立てる必要があります。

下の写真は37歳の女性です。他院でフォトセラピーを7回施行されましたが、

シミが全く改善しないということでした(beforeがその時の写真です。確かに細かいシミが

点在してますね)。当院でも最初にフォトセラピーを行いましたが、お顔全体のくすみや、肌質の改善効果はありましたが、シミは反応せず。

そこでtribeamヤグレーザーを用いて、シミ全体を照射しました。

 

ここで大切なのが、アフターケアです。

炎症性色素沈着(PIH):レーザーの熱による炎症で生じる一過性の色素沈着

をコントロールしていきます。当院ではレーザー施行後に保護被覆材を2週間貼っていただいていますが、これは保湿効果だけでなく、摩擦などの刺激を防ぐ効果があります。ですので、シミが剥がれて綺麗になったとしても、2週間は貼り続けていただいています。ちょっと長いと感じると思いますが、PIHを悪化させないようにするにはとても効果的なんです。

更にこの方の場合は、被覆材2週間終了後、週に1回のトーニングレーザーを行いました。

トーニングはメラニンの生成を抑える働きがあるので、PIHの抑制に効果があります。

そしてトーニング終了後にレチノールを導入。ゼオスキンのスキンブライセラムを開始しました。

Lea CommunicationsのVol.20でレチノールを特集しましたが、レチノールにはお肌のターンオーバーを正常化する働きがあるため、PIHによるメラニンの蓄積を予防してくれます。

写真のafterは6ヶ月後です。

レチノールによるアフターケアの効果として、肌にハリもでた気がしませんか?

フォトセラピーには全く反応しない様なシミ。

レーザー治療が効果的ですが、アフターケアはとても大切です。

アフターケアをしっかり行えば綺麗になるだけでなく、継続すればシミが再発しづらい肌になっていきます。

 

当院ではカウンセリングで肌画像診断機のお写真を見ながら、個別に治療プランを立てていきます。

お気軽にご相談ください。(^ ^)

 

  1. 2022.10.20

    映えないSNS

  2. 2022.09.30

    Lea Communications Vol.24

  3. 2022.09.03

    ヒアルロン酸でたるみと肌質を同時に改善

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031