深在性のしみ

こんにちは 院長の五来です。

ブログではだいぶご無沙汰しております。

 

今回は深在性のしみについてです。

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの、メラニンが真皮層に存在するしみ。

普通のしみと決定的に異なる特徴は、メラニンが表皮層のターンオーバーに乗っかってこないということです。

深いところにあるので、フォトの光や通常のレーザーの波長では届かないということもありますが、

壊しても浮いてこないのです。

ですので、長い波長で深部照射して(痛いです。表面麻酔が必須です。)、

貪食細胞に破片を吸収してもらって薄くしていくことになります。

ここで必発なのがPIH。炎症性色素沈着と言って、一過性ですがしみが濃くなります。

3~4ヶ月待つと、PIHが落ち着きはじめ、少し薄くなったもとのシミが表れてきます。

これを何度か繰り返す、ちょっと長いスパンで行う治療です。

ルビーレーザーの方が、ダウンタイムは長めですが、回数は少なくて済むと思います。

当院のTribeamは、Q スイッチNd:YAGレーザーで、

ダウンタイムが少ないのが特徴です。

照射直後にステロイド軟膏を塗布しますが、翌日からお化粧が可能です。

特にシールなどを貼る必要はありません。

通常3~4ヶ月に1回の治療を、3~4回施行することをお勧めしています。

フォトセラピーやレーザー治療を行っても、なかなか薄くならないしみ。

ADMかもしれません。

 

 

 

 

  1. 2022.08.01

    コロナ禍じゃない世界

  2. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.22

  3. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.21

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031