目の下のクマ治療 下眼瞼脱脂

こんにちは 院長の五来です。

最近特に増えてきている目袋の治療。

目の下のクマの原因のひとつです。その立体的な陰影がクマを作り、疲れたような表情の原因となります。

加えて、いわゆる老けた印象の原因にもなります。

周囲にヒアルロン酸などを注入して、膨らみを目立たなくすることもできますが、

やはり目袋の脂肪(眼窩脂肪)を一部取り除く方が、スッキリとした仕上がりになると思います。

 

正面のお写真で比べると特に分かりやすいですが、ちょっとした違いで全体の印象がだいぶ変わりますよね。

タイトニングレーザーやハイフで、少しづつ引き締めていく方法もありますが、

立体感がクマの原因のメインである場合には、やはり手術が効果的です。

 

手術の方法は、

点眼の麻酔をした後、下眼瞼の裏に34Gという細い針で局所麻酔をします(瞼をめくった、

眼瞼結膜という部位です)。

そして

8~10mmくらい横に切開して、盛り上がって出てくる余分な眼窩脂肪だけを切除します。

麻酔が効いてしまえば、術中に痛むことはありません(脂肪をとる際に、もう一度脂肪に

麻酔をします)。術中にベットを起こして、座った状態になっていただき、左右差などを確認して

手術が終わります。切開した傷は、縫合の必要はありません。時間は両下眼瞼で45分くらいです。

1〜2週間くらいは下眼瞼の腫れ、紫斑などがあります。

 

まずはお気軽に、カウンセリングでのご相談をお待ちしております。

^_^

 

両下眼瞼経結膜除脂術 ¥220,000(税込み)

 

 

  1. 2022.08.01

    コロナ禍じゃない世界

  2. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.22

  3. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.21

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031