眼瞼下垂症手術 

こんにちは 院長の五来です。今回は眼瞼下垂症の左右差についてです。

眼瞼下垂症は左右差のある場合が多く見受けられます。

下のお写真上段は術前の写真ですが、どちらかと言うと右の方が左より下垂しています。

瞼裂(瞼が開いている縦の距離)が右の方が狭く、瞼の縁が瞳孔にかかっています。

二重の幅が、左よりも右の方が広がっているのは、下垂の程度が右の方に強いためだと考えられます。

両側の挙筋前転術を行いました。

写真下段は術後3ヶ月です。

瞼裂が左右対称となり、瞳孔に瞼の縁がかからなくなりました。目の中央から外側を中心に、

挙筋腱膜を固定しています。二重の幅も対称になりました。

左右対称にするために、手術中何度か座っていただき、比較しながら修正をしていきます。

それでも術中の腫れ、麻酔の効き具合などで術後になってから非対称に気づく場合もありますので、

その場合は術後3ヶ月経過したあたりで、修正術を行うこともあります。

術前に十分シュミレーションを行い、術後経過など詳細をお話した上で手術を行なっています。

まずはカウンセリングでご相談ください。

(╹◡╹)

挙筋前転術

合併症:血腫、腫脹、創感染など

 

  1. 2022.08.01

    コロナ禍じゃない世界

  2. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.22

  3. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.21

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031