美しさ論 2

1歳の娘が20歳のとき、自分は70歳かあ・・・

と思うと、何だかアンチエイジングにとっても気合が入リマス。

院長の五来です。

 

極端に若返りたいとは思いませんが、自分なりの若さと、清潔感のある健康的な肌、引き締まった輪郭

などは、できるだけ維持したいと思っています。

アンチエイジングというと、アンチが少しネガティブに聞こえ、歳を経ることがよくないような

イメージを感じませんか?

エイジングサポートっていう言葉の方が、個人的には好きです。

 

 

30代から外見の老化は見た目にも始まり、40代で顕著となり、

50代で確定的となり。

やっぱり年代を問わず、早期予防に勝るものはないのではないかと、

最近は特にそう思います。

昔は美容医療が高額で、痛いし高いしで、特別美に関心の高い人々の

特殊な領域だった感がありますが、今は決してそんなことはありません。

だからこそ、気に入った美容クリニックを気軽に利用して、

予防的視野を中心に気軽に継続していく。

これに尽きるのではないでしょうか。

ジム通いをやめた途端にお腹がぽっこりするように、

お肌も定期的なメンテナンスが必要です。

 

自分はというと、

タイトニングレーザー、ハイフなどは定期的に。

前額にボトックスも。

そして普段のスキンケアにはレチノール。

レチノールは良いですよ。

当院ではゼオスキンとガウディスキンを取り扱っていますが、

どちらもとても良い製品です。

ちなみに私は今のところゼオスキンを愛用してます。

劇的に何か変わるかっていうと、そんなことはないのですが、

一番分かりやすいのは、吹き出物ができなくなり、マスク荒れをしなくなったことでしょうか。

光老化を少しでも予防しながら、肌のターンオーバーを滞らせず、健康的な肌を維持していく。

そんな目的の方にはぴったりです。

継続していくことがとても大事なので、自分に合っているなあと思える施術や、コスメ、

習慣を探すことって、美肌への近道ですし、何より楽しめると思います。(^ ^)

 

 

 

 

 

 

  1. 2022.08.01

    コロナ禍じゃない世界

  2. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.22

  3. 2022.08.01

    Lea Communications Vol.21

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031